自動車保険見直しガイド
無保険車傷害特約

無保険車傷害保険(特約)とは、交通事故で自分や家族・搭乗者が「死亡又は後遺障害」を負ったが、交通事故の相手方が任意保険に加入しておらず、賠償能力が充分でない場合に、自分の保険から賠償金額を支払ってくれる特約です。

(自賠責保険部分がある場合には、自賠責保険から出る賠償金額を差し引いた金額が支払われます。)

無保険車傷害保険(特約)の補償内容

無保険車傷害保険(特約)の補償対象者は以下の通りです。

  • 1.記名被保険者
  • 2.記名被保険者の配偶者
  • 3.1と2の同居の親族
  • 4.1と2の別居の未婚の子
  • 5.事故時に契約車両に同乗していた他人

補償される事故の範囲

無保険車傷害保険は、契約車両の搭乗中の事故の時だけにしか補償されない会社が多いです。

ただ、保険会社によっては、「他車に搭乗中の事故」「歩行中の事故」も補償対象としている場合が有りますので、一度自分が契約している保険会社へ確認してみてください。

「他車搭乗中の事故」「歩行中の事故」の補償対象者は被保険者とその家族だけです。

補償限度額

保険会社によっても異なりますが、「①無制限②2億円③対人賠償保険の保険金額」のいずれかに設定している保険会社が多いようです。対人賠償保険の保険金額に関しては、無制限に設定しているドライバーがほとんどだと思うので、実質的には「①無制限②2億円」のどちらかですね。

過去には、3億円を超える賠償命令が出された裁判事例も何件か有りますので、「2億円では心もとない・・・」と、感じる人もいるかもしれませんが、2億円を超える賠償命令は中々出るものでは有りません。なので、限度額に関してそこまで心配する必要は有りません。

もし、それでも不安が残るのであれば、限度額無制限の保険会社と契約するにようにしましょう。

無保険車傷害保険の取扱保険会社と付帯条件

ほとんどの保険会社で取り扱っています。

また、付帯条件に関しても「全ての契約に自動セット」としている会社がほとんどなので、任意保険に加入しているなら問題なく加入できていると考えて良いでしょう。

但し、AIU保険などの一部保険会社では、人身傷害保険を付帯している場合に付帯される、という条件設定になっている会社も有りますので、念の為自分が加入している保険会社の約款を見て、確認しておきましょう。

人身傷害保険との関係

無保険車傷害保険も人身傷害保険も「自分や家族のケガ」を補償してくれる保険であり、両者は非常に似ています。しかし、人身傷害保険は過失の有無を問わない保険であるのに対して、無保険車傷害保険は過失が有るとその分保険金は減額されます。

また、人身傷害保険は「傷害」のみの場合でも補償してくれますが、無保険車傷害保険は「死亡」「後遺障害」の場合にしか補償してくれず、完全に治療可能な傷害事故は補償対象外となっています。

ちなみに、どちらもノーカウント事故に該当するので、保険を使用しても翌年度の等級は下がりません。

■支払の優先順位と具体例
人身傷害保険を付帯している場合には、無保険車傷害保険に優先して、人身傷害保険から保険金が支払われます。そして、人身傷害保険でも足りない部分が有れば、無保険車傷害保険がカバーするという形が一般的です。

事例で見てみましょう。

■前提
損害認定額:1億円
人身傷害保険金額:5,000万円
過失割合:加害者10割
被害者状態:死亡

上記のような前提の元で、加害者が任意保険未加入で、自賠責保険にしか加入していない場合を考えてみましょう。

まずは、自賠責保険から3,000万円支払われます。しかし、「1億円-3,000万円=7,000万円」が不足しています。この不足している部分は、まず人身傷害保険から支払われます。

人身傷害保険では、既に支払われた自賠責保険部分を差し引くので「2,000万円(5,000万円-3,000万円」が支払われます。残りは5,000万円。この5,000万円が無保険車傷害保険から支払われる部分になります。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定