自動車保険見直しガイド
インターネット割引

最近、通販型の自動車保険の市場が大きくなっていますね。やはり「保険料が安い」ので、節約志向の方はどんどん通販型に移行しているようです。

インターネット経由の自動車保険の申込が増加中!その理由は!?

では、なぜ通販型自動車保険が安いのか?最も大きな理由の1つが「インターネット割引」の存在です。これが適用されるだけで「1万円以上」も保険料が変わる事が有ります。

被保険者がインターネットから手続きを行ってくれれば、保険会社はそれに基いて契約を結ぶだけでOK。代理店型のように、いちいち被保険者の質問に答えたり、書類を自分で作ったりする必要も有りません。

簡単に言ってしまえば、インターネット割引は「手間が無くなって浮いた中間コスト(人件費やペーパー代)」を保険利用者に還元する割引制度と言うことが出来るでしょう。

割引が受けられる保険会社と割引額のまとめ

最終更新日:2015年7月1日
なお、下記表は年払いの場合の割引額(率)です。月払いを選択すると、割引額が小さくなる会社も有るのでご注意下さい。

保険会社新規契約
(初年度)
継続契約
(2年目以降)
補足
イーデザイン損保10,000円10,000円-
セゾン自動車10,000円10,000円-
SBI損保10,000円10,000円-
セコム損保3,500円2,000円-
ソニー損保8,000円2,000円*1
三井ダイレクト損保4,000円~12,000円3,000円*2
チューリッヒ2,500円~12,000円1,500円*2
アクサダイレクト2,500円~10,000円2,500円~10,000円*2
そんぽ247%7%-

*1 新規契約時にインターネット割引の適用を受けて、2年目以降もネットから続きした場合、2年目以降の割引額は5,000円です。
*2 割引額に幅が有る会社は、ネット割引を適用する前の保険料によって、割引額が異なります。詳細は公式サイトをご確認下さい。

上表を見ると、インターネット割引を実施している保険会社の殆どは「通販型の自動車保険会社」である事が分かります。上表以外の保険会社でネット割引は実施されていません。

イーデザイン損保・セゾン自動車・SBI損保の三社は新規でも継続でも変わらず「1万円」の割引が受けられます。これは「凄い!」の一言ですね。

反対に、継続契約になると割引額が小さくなってしまう保険会社も有りますね。契約内容が去年と何も変わってないのに保険料が高くなったな~と感じた人は、自分の保険会社の「2年目以降のネット割引金額」をしっかりとチェックしておきましょう。

もしかしたら、保険料が高くなった原因はそこに有るかもしれません。まぁそれだけが理由では無いと思いますが。
無事故歴5年で保険内容も変えていないのに保険料が上がったのは何故か?

個人的には2年目以降の割引額を小さくする理由が良く分からないですけどね。最初だけ甘い汁を吸わせて、自分のところの顧客になったら「後は知ーらない」という感じなのでしょうか(笑)

毎年保険を変えてもペナルティーはない

インターネット割引について調べていたら、ネットで面白い質問が有りました。引用して回答しておきたいと思います。

自動車保険がインターネット割引でかなり安くなりますが、次の年は割引が減り割高になります。そこで1年ごとにA社B社に切り替えて契約することは可能ですか。そうした場合なにか問題点はありますか?
(引用元はこちら)

別に1年毎に自動車保険会社を切り替えても、特に問題は有りませんしペナルティーも有りません。満期が来てから他社に乗り換えれば、特段面倒な手続きも無くノンフリート等級の引継も行われます。

というよりも、ネット割引が大きい所を狙って毎年切り替えた方が良いです。但し、注意点が2つ有ります。

1つは保険会社各社で「補償内容」に若干の違いが有る可能性が有る点です。従って、ネット割引だけに目を奪われる事なく、補償内容が大丈夫かどうかもキッチリとチェックするようにしましょう。

もう一つは「保険料の高低はネット割引だけで決まるものでは無い」という点です。各社色々な条件に基いて保険料を算出していますから、ネット割引だけに着目して保険会社を選択すると、実は別の保険会社の方が安かった!なんて事にもなりかねません。

保険会社を変えるつもりが有るならキッチリ見積もりを取りましょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定