自動車保険見直しガイド
エコカー割引

「エコカー割引」とは、電気自動車やハイブリッド車などの「ガソリン」を利用しない自動車を利用することで、任意保険の保険料の割引を受けられる制度です。保険会社によって、呼び名(例:エコカー割引・先進環境対策車割引)は色々有りますが、どれも意味は同じです。

エコカー割引を受けられる保険会社と割引率のまとめ

最終更新日:2015年7月15日

保険会社割引率(額)初度登録日から何ヶ月以内の
自動車の契約に適用されるか。
共栄火災5%13ヶ月以内
あいおいニッセイ同和損保3%13ヶ月以内
三井住友海上1%25ヶ月以内
東京海上3%13ヶ月以内
朝日火災3%13ヶ月以内
マイカー共済7%記載無し
セゾン自動車1,200円13ヶ月以内
ソニー損保1,000円37ヶ月以内
三井ダイレクト損保不明13ヶ月以内
チューリッヒ不明初度登録日が
平成22年1月1日以降の自動車
 

以下の会社では現在エコカー割引の適用は無いようです。

イーデザイン損保/SBI損保/セコム損保/そんぽ24/アクサダイレクト/AIU保険/ゼネラリ/エース保険/日新火災/損保ジャパン日本興亜/JA共済/

エコカー割引の適用期間

上表をご覧頂ければ分かるように、エコカー割引が適用される期間を「車の初度登録年月より13ヶ月以内の契約」と設定している会社が多いです。折角エコカーを買ったのに、ほんのちょっとしか(新車で買ったとしても最大2年間)しか割引を受けられないのは、少し残念ですね。

よって、エコカー割引を優先的に受けたいなら、期間が長めの「ソニー損保」や「チューリッヒ」などが検討対象になってくるでしょうか。なお、中古車や新古車で有ったとしても、登録日からの期間が条件内に収まっていれば、割引は適用されます。

なぜこんなに適用期間が短いのか?

何年経とうが、エコカーである事に違いは無いのに、なぜこんなにも適用期間が短いのでしょうか?新車割引の適用期間よりも短いのに、納得出来ない人も多いでしょう。

その理由は、保険会社が「私達も環境維持の為に頑張っていますよ~!」というアピールをするために「エコカー割引」制度を利用しているからだと思われます。だから、適用期間もかなり短いんです。

「エコカーだから事故率が下がる」という統計データはまだ無いと思うので、保険会社としても保険料を下げる理由は本来有りませんからね。

適用車種の違い

エコカーだからと言って、全てのエコカーが割引を受けられるわけでは有りません。保険会社の定める「定義」に合致していないと、割引を受けられないことも有ります。

要は、エコカー割引を受けられる車は保険会社によっても異なる。という事なんです。

例えば、ソニー損保はエコカーの中でも「電気自動車のみ」が割引対象車です。一方で、チューリッヒは「電気自動車・CNG車・メタノール自動車・ハイブリッド自動車・LPG自動車」など、一般的にエコカーと呼ばれる車のほとんどが割引対象車となっています。

これから電気自動車を始めとするエコカーはますます増えていく

今や自動車は、私達の生活に欠かせない乗り物となっています。しかし、自動車が普及するに連れて、自動車が排出するガスによる大気汚染や環境破壊の問題が、クローズアップされるようになりました。

エコカー割引

そこで、今注目されているのが、「ガソリンを使わない自動車」です。ハイブリッド車や電気自動車がその最たる例ですね。他にも「トヨタのMIRAI」を代表とする「水素」を使った「燃料電池車」の開発も急ピッチで進められています。

まだまだ、本体価格が高かったり、スタンドの数が整っていないので、全世界で普及するのはまだまだ先になるでしょうが、政府の強力な後押しが有るので、環境整備が整えば、街を走るエコカーの数はどんどん増えていくでしょう。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

無料一括査定