自動車保険見直しガイド
自動車保険

自動車保険を比較するのは重要です。この記事では、色々な角度からの「自動車保険の比較記事」と「保険会社毎の特徴」を紹介しています。

自動車保険を様々な角度から比較!

自動車保険を比較すると言っても、保険を選ぶ際に重視する項目は人それぞれ違うはずです。そこで、比較指標になりうるであろう項目についてピックアップしましたので、保険選びの際の参考にして下さい。

保険料の安さで自動車保険を比較!

あるアンケートの結果によれば、約64%の人が自動車保険を選ぶ際に「保険料の安さ」を最重要視すると回答しています。

一生涯車に乗り続けると仮定すれば、自動車保険の保険料(任意保険+自賠責)だけで400万円~500万円の出費になりますので、当然節約したい部分ですよね。(その他車の維持費や車本体の購入価格も含めれば、もっと大きな出費になりますし。)

事故対応満足度で比較!

保険料が安くても、事故を起こした時にキッチリ対応してくれない保険会社と契約するのは嫌ですよね。例えば、保険金を払い渋る会社とかオペレーターの対応が雑な会社とか嫌ですよね。

ちなみに、昔はダイレクト型自動車保険の事故対応に不満のある人が多かったですが、最近はダイレクト型の事故対応にも満足している人が増えているようです。

ロードサービスの内容で比較!

昔はロードサービスといえばJAF!という時代でしたが、今はそうでは有りません。自動車保険に無料で付いてくるロードサービスも捨てたものでは有りません。回数制限こそあれど、その中身はJAFに引けを取らない内容となっている保険会社ばかりです。

ロードサービス付きのクレジットカードなどと組み合わせて利用すれば、年会費の高いJAFを利用する必要はもう無いのかもしれません。

人気度(売上)で自動車保険を比較!

上記記事では自動車保険を「売上」基準で比較しています。売上が多いということは、それだけ多くの人が加入しているので、考えようによっては「人気のある自動車保険」という事が出来ますよね。

もちろん、上位は代理店型自動車保険が独占しています。保険料が高い分、売上も多くなることを差し引いても、まだまだ代理店型保険への加入者数は多いです。


保険料は高くても皆が入っている保険に入りたい!という方はこちらの記事をご覧下さい。

保険会社の財務健全性で比較

実際問題、保険会社が潰れても他の保険会社が引き継いでくれるはずなので、保険契約が全く白紙になる可能性は非常に低いです。ただ、あまりにも財務健全性が低いと「保険金はキッチリと払われるのだろうか・・・」と不安になってしまいますよね。そういう人は保険会社の財務健全性もチェックしておきましょう。

自動車保険満足度ランキング 2015

毎年、オリコンや価格コムから自動車保険の満足度ランキングが発表されています。調査項目は保険料のみならず「担当者の対応・保険金の請求のしやすさ・商品内容のわかり易さ・補償の充実度」などなど多岐にわたります。

実際に保険に入っている人の意見を大事にしたい!という人は、こちらのランキングを参考に自動車保険を選ぶと良いと思います。

保険会社一覧

「通販型」「代理店型」の2つに分けて紹介していきます。

通販型自動車保険一覧

チューリッヒ(ZURICH)
スイスに本社がある外資系の損保会社。ロードサービスの充実度は、日本の損保会社の中でもナンバーワンと言って良いでしょう。

アクサダイレクト(アクサ損保)
「保険をくるりと替える」でお馴染みのアクサ損保。有名芸能人を使ったCMを覚えている人も多いのではないでしょうか。

イーデザイン損保の自動車保険-概要と口コミや評判
東京海上グループ。通販型ですが、東京海上グループなので事故対応も代理店型並のものを提供しています。また、特約もイーデザイン損保独自の物を多数取り揃えています。

セコム損害保険
代理店型のイメージが強いですが、ネットから申し込みも出来ますし、比較的保険料も安いのでダイレクト型に分類しています。

ソニー損保
オリコンの自動車保険満足度ランキングで2年連続1位を獲得。通販型自動車保険の中では12年連続売上ナンバーワンです。

三井ダイレクト損保
MS&ADのグループ企業です。イーデザイン損保同様に大手損保会社のネットワークを利用できるという強みが有るため、満足度の高い保険会社です。

そんぽ24
損保ジャパン日本興亜の完全子会社。通販型自動車保険ながら、あまり保険料は安く有りません。

SBI損保
週刊ダイヤモンドの特集で、7年連続で保険料が一番安い保険会社として認定されています。オリコンランキングでも「保険料の安さ」部門では断トツの1位を獲得している会社。

セゾン自動車火災
「おとなの自動車保険」で有名な会社。40代・50代の保険料は確かに安くなります。

代理店型自動車保険一覧

エース損害保険
本社はスイスにある外資系の会社です。クラシックカー保険など他にはないユニークな保険も販売しています。

AIU保険
外国資本で始めて日本の自動車保険業界に参入したのがAIU保険です。他では扱っていないような特約も販売しています。

ゼネラリ自動車保険
イタリア系の外資会社。シンプルな保険を信条としているため、HP等では保険の概要が分かりづらいのが難点(シンプル過ぎて分かりにくい。)

あいおいニッセイ同和損保
これといった特徴は無し。ニッセイがグループに入ったことで信頼感はアップ。自動車保険業界で第4位の保険料を誇ります。こちらもMS&ADグループです。

三井住友海上
業界第3位。MS&ADグループで、堀北真希さんが出演しているCMを見たことがある人も多いのでは。

損保ジャパン日本興亜
合併時に社名が長過ぎると話題になった「損保ジャパン日本興亜」。略称は「SOMPOホールディングス」です。

東京海上日動
言わずと知れた日本の損保業界のリーディングカンパニー(売上は損保ジャパン日本興亜の合併で抜かれましたが・・・)。その分、保険料は高いですが、事故対応の満足度などはやはり高いようです。1日から入れるちょいのり保険を開発するなど、常にユーザー目線での経営を心がけています。

日新火災
東京海上グループの損保会社。代理店への評価項目に「お客様へのサービス・サポート」が取り入れられている事もあり、顧客サポート重視の会社です。また「アサンテ」や「交通弱者補償特約」など珍しい特約も取り揃えています。

富士火災
AIGグループの一企業。非常に日本的な名前ですが親会社が外資系です。2016年にはAIU損保との合併が予定されております。

朝日火災
あまり有名では有りませんが、列記とした日本系列の代理店型自動車保険。大手損保に対抗するために、大手損保では行き届かないようなサービスを提供することを信条としているようです。

共栄火災
損保会社ですが、JA共済のグループ企業にあたります。特段目立つような保険会社ではないですが、保険金支払いまでのスピードには定評が有ります。

JA共済
JA(農業協同組合)の自動車共済。損保会社が廃止するような特約(利益が出ないような特約)も長期間にわたり継続して提供してくれるのが嬉しい共済。

マイカー共済-全労済
こちらは農協ではなく全労済の自動車共済。共済全般に言えることですが、担当者の交渉力に若干の不安が残ります。

【コラム】自動車保険を比較する本当の意味

自動車保険は比較しましょう!比較すれば安くなるよ!と、よく言われますが、自動車保険を比較する理由はそれだけでは有りません。もっと重要な事が有ります。

もちろん、比較する事によって保険料は安くなるので、これが比較する大きな理由の1つである事に違いは有りませんけどね。

自動車保険を比較する本当の意味は「比較する過程で自動車保険に詳しくなれる」ことに有ります。自動車保険に詳しくなると、どういうメリットが有るのか?

自動車保険に詳しくなると「特定の補償」等々に関する知識が付きます。例えば、この補償(保険)はこういう場合には保険金が降りるけど・こういう場合には保険金が降りない、なんて事もおぼろげに分かるようになります。

すると、この補償内容ではこのリスクには対応出来ないので、別の方法でリスクに対応すべきだな。という判断も出来るようになります。

別の方法でリスクに対応する例

分かりにくいので例を挙げます。

例えば、保険料を節約するために「エコノミー型の車両保険」に加入していたが、当て逃げされた場合を考えてみましょう。

残念ながら、当て逃げは車両保険の中でもオールリスク型の車両保険でしか補償されませんので、エコノミー型の車両保険では修理費用を貰えません。

当て逃げ

しかし、当て逃げはエコノミー型では補償されないという事が分かっていれば、当て逃げ事故のリスクにも対処することが可能ですよね?例えば、車にドライブレコーダーを付けていたとしたらどうでしょうか。

ドライブレコーダーがキチンと作動していれば、その映像から当て逃げした犯人を見つける事が出来るので、相手方の対物保険から修理費用を出して貰える可能性が高まりますよね。

こういう風に、保険に少し詳しくなるだけで、代替案を出す事が可能になるのです。


加えて、こういう事が分かるようになってくれば、自分にとって必要な補償・不要な補償の選別も出来るようになりますから、結果として保険料を安くすることも出来ますよ。

もちろん、専門家並みに保険のことを理解する必要は有りません。皆さん忙しいのでそんな時間も無いと思いますしね。でも、保険のことに少し興味を持つだけで、万全な補償を受けられますし、保険料も更に安くなります。今まで代理店任せだった人も、少しだけで良いので保険のことを勉強してみてください。

自動車保険の一括見積りテキスト自動車保険の無料一括見積もりはこちら

失敗しない車の売り方

愛車の無料一括査定